スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

デイトレの醍醐味

投資初心者のための投資情報
にほんブログ村 日経225先物取引ブログへ

お勧め投資情報です!
無意識に買いを優勢にしている方は勝てません!

225126_20071206171141.jpg


昨日のラインからσ6~σ8内が目先の折り返しポイントとなります。

寄り付きの売りサインで手堅く利食い後は、事前に仕掛けた売り指値(σ7)となります。
次のターゲットは裁量ナンピンポイントの買い指値サイン15770円(C)です。

事前に仕掛けた指値にピンポイントでささり、利確を重ねるパターンは理想であり、デイトレの醍醐味と言えます。

投資初心者の方は本日も醍醐味を堪能できたのではないでしょうか。

本日の注目点
①高く寄り付いたので基点が変わることを意識(準備)しなければなりません。
※前日からの延長ラインと新たな基点によるラインを並行して見れれば上級コースです。この場合、チャート画面を2分割して見ると混乱しません。

②15770(C)の買い指値約定後、すんなり上昇して利食いしながら、考える点は「窓埋め失敗」「ミドルラインとの距離、ミドルを割りそうにない」という点です。
※ここで更に上昇の可能性を意識しなければなりません。

③再びb(σ7)のポイントに来た時は連続エントリーとはなりません。見送りです。
※②の強い上昇を感じる以前に、ミドルを割らずに同じσ7に来たことで連続エントリーは危険と判断しなければなりません。

④aのポイントは新基点による折り返し(売り)ポイントですが、②、③の上昇の流れがあるので、早い利食い(10円、20円)で手仕舞うことも安全策です。

仕掛けがうまく運んだ時ほど、同じポイントで連続エントリーをしがちです。

同じポイントでの連続エントリーは流れが変わっている場合も多々あります。

連続エントリーの場合、その仕掛けポイントはどこから来たか?これが重要です。
仮に、ミドルラインを割り込み、σ-1、-2にタッチしてからaやbに来たのであれば通常の正しい動きとなります。
しかし、ミドルを割らずに来た、ということであれば即、「上が強い」という意識で、bの売りは見送り、σ8をターゲットにする、または、小幅の利食いで即返済する、ということが重要です。

場が終わった後も「おさらい」をすると、これらの値動きの癖や特徴が早く身に付きますので、水平ラインと同時に値動きの強弱のポイントも意識すると、仕掛けを一本ずらす、見送る、という判断ができやすくなります。

日足の水平ラインでは15950円近辺が強い抵抗ラインとなっています。
σ1近辺でもありますね。下に戻されやすいポイントであります。

基点については講習でお伝えしていますが、掲示板サインに表示している裁量ナンピンポイントとほぼ同様です。基点が変わって影響が出る場合はメールでお知らせしますので、受講前の方は基点についてのご質問はご遠慮ください。
メールではとても説明できませんので、どうぞご理解ください。

お勧めの株式ブログ
株と成功哲学についてイラストで説明します
OH!株ゲーム!-株×成功哲学=勝てる投資家-

お勧め投資情報です!
マネポケ金融投資ブログランキング!

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2007.12.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。