スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

売買サインの判断のルール

知り合いの方にある有料情報の資料を見せてもらったことがあります。

3分足を見ながら移動平均線、RCI、MACDの3つのテクニカルを見ながらその内の2つが一致すれば出動・・・というような内容でした。かなり氾濫しているようで売れているようです。

これを見て実践した方は大損しているのではないでしょうか。

騙しの多い3分、5分足で5勝2敗であっても2敗の損切りで結局損をしていると想像します。

私の売買基準は、
①前日の日足(ローソク)
②アメリカの動向
③寄り付き前外資系証券経由での注文の動向

まずはこれらをチェックします。そしてテクニカル分析です。

テクニカルは主にエリオット波動で仮定の数値を入れながら今日の予測、明日の予測に役立てます。

予測で大切なことは必ず2つのシナリオを持つことです。1つだけの予測でそれがはずれた時に狼狽・・・ということは避けたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。