スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

急落、暴落前の予兆とは

いただくご質問の中に「日経平均とドル円の動きは反比例するので、ヘッジでドル円を買っています・・・」というのがありますが、これは全くの間違いです。

氾濫する情報商材の中にこのような内容がある、とよく聞きます。また、「NYダウが下がったら日経平均は上がるので買い」というのもよく聞きます。これも全くの間違いです。

間違った情報を鵜呑みにして売買するのは大変危険です。耳にした情報が本当なのか検証と確認をしてから実践に活用することをお勧めしています。

日経平均とドル円の動きは比例しています。そして日経平均の急落は前日のNYの動きに影響され大きなギャップダウンから始まります。

日経が急落する前日や前々日にはドル円にその予兆が出ている場合が多々あります。ドル円との関連性に気をつければ事前に日経の急落は防げます。

当たり前のことですが、急落の始まりは高値圏から始まります。
日経225の指数、値動きのリズム、ドル円(日足)のチャート、指数、値動きのリズムのチェックをするだけで事前に危険を意識することは十分可能です。

FXの取引をされない方でもドル円チャートの見方は講習でお伝えしています。

下げ止まりの目安も日経だけで判断するのではなく、ドル円も一緒に見ることをお勧めします。

下げも落ち着きを見せ・・・・というコメントが多いようですが、アナリスト、新聞、テレビなどの情報はあてにしないことが重要です。

投資は過去統計と確率でのみ利益を出せる方、出せない方が決まります。あやふやなコメントに振り回されないようにしてください。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2007.08.15 | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング






«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。