スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

凡ミスに注意

お付き合いの長いベテランの会員さんの中にも思わぬ凡ミスをしてしまうことがあります。
①売り、買いを間違って注文してしまった・・・
②売り、買いを間違って返済してしまった・・・
③反転ポイントを5分足で見てしまった・・・
④複数玉の中で返済してはいけない玉を返済してしまった・・・
⑤枚数を間違って多く注文してしまった・・・

過去には私自身も何度かありました。
あっ!と思った時は既に時遅し・・・

こういうミス報告はたまにいただくのですが、普段、損切りがどうしても苦手、できない、という方が間違った注文に関しては即、返済しマイナスを最小に抑えることができるのは少し不思議な感じもします。

10円までのマイナスならすぐに決断できるのに、50円以上になると迷いが生じる方が多いようです。

マイナスが200円を超えて青くなっていたのが、その後の値動きで50円までマイナスが縮小し、マイナス50円で喜んで返済する。

この不思議な心理の元はご自身の投資スタイル、投資ルールの曖昧さに尽きます。
システムトレードの場合、損切りをしなければ儲かりません。儲けるために不可欠な決断ができなければ勝てない、ということになります。

先週、判断ミスで両建が遅れ、売玉と買玉の差が開いた両建でその含み損を止めながら、三日で新規玉の利益で含み損を補った会員の方から「何年やっても3ヶ月に1回は考えられない凡ミスをしてしまう」と連絡がありました。

つまり、ミスはいつでも誰にでも起こりえるものだというリスクがあるということです。
ミスがある、ということを前提に資金配分、建玉管理、スキルアップは欠かせないということになります。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.09.16 | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング






«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。