スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

レンジブレイクに乗る注意点

2250616.jpg

2250617.jpg

ブレイクに乗るマニュアルは、大変わかりやすいと高い評価をいただいています。
条件が合致した時は強い上昇、強い下落を優先した方が有効です。
売りを仕掛ける予定をしても、上昇のブレイクの条件が合致した時は売りラインをずらすことが必要です。どの程度、ずらせばいいのか?それはσ5までずらすのが賢明であり安全です。
ブレイクに乗りながら、σ4~5では手仕舞い、σ5からは売りを仕掛ける、という流れです。

ブレイクの条件が合致した時、どこまでブレイクするのか?その目安がσ±5~σ±7であり、日足ラインとなります。

注意する点はただ一つ。

条件が合致した位置が、前日のラインでσ±5~σ±7に該当するような時です。この場合は、ブレイクが伸びるよりも、逆に反転しやすくなるからです。
σ±5~σ±7の位置からブレイク条件が合致しても強気の売買は控えてください。

その他、新ルールによる反転目安、σ±5~σ±7などマニュアルや講習でお伝えしているポイントはしっかりです。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2009.06.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。