スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

日足ラインを見ながらデイトレをするのが基本です。

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆上下値エントリーで負けることはありません!
※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!


水平ライン売買手法!
本日の最新 日経225先物取引情報
2251117.jpg
まず、日足ラインがどこにあるか、それによる売りゾーン、買いゾーン(±50円)の位置はどこか?
その上で分足ラインによる売買ラインを見る順序になります。

日足ラインと分足ラインが重なるような位置は、有効な売り場、買い場の判断とします。

分足によるデイトレをする場合、事前にここに来たら売り、ここまで来たら買い、という判断をしますが、その時、そのラインに来るまでに強さがあるかどうかの判断は必要です。

資料や講習でもお伝えしている、10MA、ミドルラインを同時に抜けてくる時、同時に割ってくる時、これらは強い上昇、強い下落の前兆パターンとして、ラインを見送る、ずらす、という判断が必要になります。

例えば①の位置は売りラインです。この真下にミドルラインがあります。これを抜けてくると10MA、ミドルラインを同時に抜けることになり、ここでの売りはリスクがある、ということになります。

そのため、このラインでの売りは見送り、一つ上の8560円で売りを仕掛ける、という順序になります。8560円からは100円くらいの戻りがありました。

もう一つ、注意点があります。それはエントリーする時間帯です。

最近は後場、夕場でGD、GUがけっこう多く、窓を開けることが非常に多いです。
そのため、このラインに来たら売りを仕掛ける、という時に、前場がもう引けそうな時間に近い、という場合は、見送ることも有効な安全策の一つです。

夕場も同様です。夕場は値動きがある時、ない時がありますが、ない時を前提とすると、夕場で新規ポジションを持つ(第一ポジション)ことはリスクがある、ということも意識しなければなりません。
※持ち越し前提の短期スイングのエントリーの場合はこの限りではありません。

②の8800円という位置は、分足ライン8800円、日足売りゾーン(8800円~8900円)の位置とジャスト値で合致しているポイントです。

2251118a.jpg
①の買いラインは日足買いゾーン(8200円)と合致しているポイントです。
但し、この場合は夕場からの新規ポジションとなります。前述のようにデイトレしてはリスクがあると言えます。持ち越し前提の短期スイングであれば、有効な買い場となります。



上下値エントリーと方向感に関しては、こちらを参考にしてください。

CME、NYダウ先物の取引は、こちらが超お勧めです。
ひまわり証券【証券CFD取引】

NYダウ先物の取引をした場合
呼値:1ドル単位
取引単位:5倍
例)
1ドルの上昇または下落で5ドルの差損益となります。
その時の円換算にしますと、
5ドル×107.50円(7/29現在)≒±537円となります。

◆日経平均先物は上下値判断だけで十分勝てます!◆上下値必勝マニュアルはこちらからどうぞ!

お勧め証券会社
カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、NYダウ先物、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、NYダウ先物、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。


スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.11.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。