スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

同じラインで2回目以降のエントリー

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆上下値エントリーで負けることはありません!
※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!


水平ライン売買手法!
本日の最新 日経225先物取引情報
2251031.jpg
本日の注目点は①、②、③の売りラインの再エントリーの判断です。

①はσ-1からの最初のタッチであり迷わず売りエントリーとなります。利確後、10MAまでは下げますが、再度、②の売りラインに来ています。ここで再エントリーするかどうか。

②の売りラインは前述のように10MAで抑えられて戻された場面で、上昇の可能性を優先しなければならないため、再度売りエントリーは見送りとなります。

③の売りラインの場合、σ-2近くから来ているため、売りエントリーが可能になります。

本日の売りサイン①、③は有効です。②は見送りが安全と言えます。

③で再度、売りエントリー後は急落となりましたが、10MA,ミドルラインを同時に割る急落の前兆パターンにも当てはまる場面です。

引け前の急落中の買いサインでもしっかり戻りがあること、8440円の買いサインはσ-7(反転ポイント)の位置であることを意識しながら仕掛けることが重要です。



上下値エントリーと方向感に関しては、こちらを参考にしてください。

CME、NYダウ先物の取引は、こちらが超お勧めです。
ひまわり証券【証券CFD取引】

NYダウ先物の取引をした場合
呼値:1ドル単位
取引単位:5倍
例)
1ドルの上昇または下落で5ドルの差損益となります。
その時の円換算にしますと、
5ドル×107.50円(7/29現在)≒±537円となります。

◆日経平均先物は上下値判断だけで十分勝てます!◆上下値必勝マニュアルはこちらからどうぞ!

お勧め証券会社
カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、NYダウ先物、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、NYダウ先物、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。


スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。