スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

今月5回目の上下値エントリー

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆水平ライン、上下値が必勝法の重要なカギです!
※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!


水平ライン売買手法!
本日の最新 日経225先物取引情報
2250207.jpg

前日の上下値より本日は買い優勢が明白なことがわかります。
8月に入って5回目のエントリー(0-40)ですが全勝です。値幅も大きく動いています。

マニュアル購入者の方も「月間最低でも300円は確保できています。」と喜びのメールをいただいています。月間300円で満足しないでくださいね。ここは本当に基本中の基本ですから。

初心者にお勧めする安全策
前日の上下値により本日は寄成りで買い。
寄玉を利確しながら、30分足を確認。陽線のため、再度買いエントリー。

この2段階が基本中の基本です。寄りから一気に狙ってはいけません。それが鉄則です。

急伸、急落する時、だいたい多くて3バンドの幅です。3バンドは一気に動くことがありますが、ここからは上げ(下げ)一服となるパターンがほとんどです。
この動きに乗って値幅が取れた時の快感を常に当てはめてはいけません。ワンバンドずつ利食っていくのが基本です。

本日は基点の変更はありませんので、前日からのラインが継続となります。

図のσ-7近辺から寄付いたことも買い優勢を表しています。

講習を受けた方やマニュアル購入者の方は、スポットのエントリーでも十分な利益が出せることがよくわかったと思います。

ご自身の安全策を日々追及してください。安全策が複利で膨らませることにつながります。

CME、NYダウ先物の取引は、こちらが超お勧めです。
ひまわり証券【証券CFD取引】

NYダウ先物の取引をした場合
呼値:1ドル単位
取引単位:5倍
例)
1ドルの上昇または下落で5ドルの差損益となります。
その時の円換算にしますと、
5ドル×107.50円(7/29現在)≒±537円となります。

◆日経平均先物は上下値判断だけで十分勝てます!◆上下値必勝マニュアルはこちらからどうぞ!

お勧め証券会社
カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、NYダウ先物、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、NYダウ先物、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。


スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.08.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。