スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

指数分析の活用

朝の寄付きサインは買い、大引け前のスイングサインは売り。
このようなパターンが多々あります。(右の売買サイン実績参照)

朝の寄付きサインでは日々の予想される始値(CMEの終値から予想)を元に今日は売り、買い、どちらのエネルギーが強いかの判断材料としています。

大引け前のスイングサインでは日々の3時の現値を元にCME~明日のエネルギーの強弱の判断材料としています。

スイングは「相場の流れに乗る」というのが基本ですが、それとは別で日々の数値から目先の動きを判断しています。

寝ている間に100円~300円取れる時が多いのですが、もちろん見送りもあります。例え1枚建てでも効率よく稼げるのはいいですね。

スポンサーサイト

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.08.02 | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング






«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。