スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

方向性を段階的に判断する

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆水平ライン、上下値が必勝法の重要なカギです!
◆水平ラインの概要はこちらからどうぞ!

※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!


水平ライン売買手法!
本日の最新 日経225先物取引情報
2250207.jpg

昨日の売りライン13290円の位置を、5日の水平ラインから見てください。
ボリンジャーのσ2の実線に近い水平ラインをσ2のラインと仮定して、σ5、σ6の位置を見てください。
図の売りラインの近辺にあることを確認してください。
当日ラインだけでなく、前日からのラインも併用して見ると折り返しポイントの目安が付きます。

折り返しポイントが近い、本日は上下値で売り優勢、という点が合致していることを確認してください。

上下値で売りが優勢と判断できても、寄成りからいきなり値幅を狙ってはいけません。

段階的に方向感を確認しながら再エントリーが基本です。

本日の場合も、上下値では売り~利確。次に30分足陰線確定、10MA、ミドルの同時割れ。ここで更に下。という判断です。

上下値による上下判断 → 30分足 の順です。
この時、上下値では上の判断で寄買いを仕掛けた時、利確はできても30分足が陰線で確定した時は、再エントリーは見送りです。60分足の確定を待ちます。この60分が陽線であれば、再度、買いエントリーという順序です。その後、前場が引けた時、戻りがない、と判断できる時は、後場からは更に上、という流れになります。

上下値による判断 → 30分足(60分足) → 前場の戻り、リバウンドの有無

上下値だけで負けることはありえません。それを更に効率良く値幅を狙うためには、上記の段階的に方向感を確認しながら利食いを重ねる、ということが必須です。

講習では複利のための安全策重視(ポイントを絞るなど)のトレード内容をお伝えしていますが、更に独自ルールで安全策を極めようとしている方も多数おります。

その一例が、、、、、、

上下値で上(買い)と判断できた時、寄りから入らずに30分の陽線(又は60分が陽線)を確認できた時のみエントリーする。という方法です。

一度でも大きな損失を出すと、立ち直りまで時間がかかったり、相場から完全撤退ということもありえます。そうならないためには失敗してからでは遅すぎます。

自身にとって安全策とは何かを追求することは大変重要です。安全策優先で目先の利益が減ることがあったとしても、安定利益=複利で膨らますことができるルール作りが重要です。

CME、NYダウ先物の取引は、こちらが超お勧めです。
ひまわり証券【証券CFD取引】

NYダウ先物の取引をした場合
呼値:1ドル単位
取引単位:5倍
例)
1ドルの上昇または下落で5ドルの差損益となります。
その時の円換算にしますと、
5ドル×107.50円(7/29現在)≒±537円となります。

◆日経平均先物は上下値判断だけで十分勝てます!◆上下値必勝マニュアルはこちらからどうぞ!

お勧め証券会社
カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、NYダウ先物、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、NYダウ先物、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。


スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.08.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。