スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

本日は増額ポイントです。

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆水平ライン、上下値が必勝法の重要なカギです!
◆水平ラインの概要はこちらからどうぞ!

※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!


水平ライン売買手法!
本日の最新 日経225先物取引情報
2250207.jpg

本日は増額ポイントということで安心して利確できたと思います。

28日のNYダウは大幅な下落でした。この日のNYダウ先物の上下値を見ると29日はリバウンドの可能性の高いことがわかりやすい数値となっています。

その結果、本日は大幅なGUで寄付いています。この流れがわかるでしょうか?

こちらで強くお勧めする上下値、水平ラインのポイントというのは、完全に実践向きの基本知識と言えます。優位性の高いポイントであり言い換えると「点」です。

この基本知識に基づいて一つ一つの「点」を注意深く見ていくと、その点がつながって「線」となります。線として見ることができれば本物のプロと言えると思っています。

この線とは値動きの流れというかバランスを保つリズム的なものと考えています。

難しく考えないでくださいね。

一つ一つのポイント(点)が合致している場面があるかどうか?それを見ることから始まります。
本日の場合、増額日である、寄り付きの足が十字で引けた。これが合致ポイントです。
増額ポイントは利幅も狙えるポイントです。それが合致により伸ばせることにつながります。

CME、NYダウ先物の取引は、こちらが超お勧めです。
ひまわり証券【証券CFD取引】

NYダウ先物の取引をした場合
呼値:1ドル単位
取引単位:5倍
例)
1ドルの上昇または下落で5ドルの差損益となります。
その時の円換算にしますと、
5ドル×107.50円(7/29現在)≒±537円となります。

◆日経平均先物は上下値判断だけで十分勝てます!◆上下値必勝マニュアルはこちらからどうぞ!

お勧め証券会社
カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、NYダウ先物、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、NYダウ先物、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。


スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.07.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。