スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

シナリオとは

私は基本的に相場のシナリオというのはアナリストやネット上の自称プロ!?の方々の話を参考程度に聞いています。

予想はあくまでも予想なので鵜呑みにする訳にいかないからです。

私のシナリオとは思惑通りに動いた時の決済イメージと思惑通りに動かなかった時の対策をイメージしておくことです。そしてそれを実行するだけです。指数分析であらかじめ仮定の数値を入れながら、どの辺りで天井か底になる可能性があるかは頭に入れています。

長々と相場を予想しながら論理的に述べるサイトは多々ありますが、6割か7割程度の勝率でそれらのシナリオを信じすぎると必ず痛い目に合います。ストーリー仕立てのシナリオは時に洗脳につながり、大損した時に我に返っても後の祭り、ということになりがちです。

私は実利を最優先しています。そのためにデータと最もエネルギーを反映しやすいいくつかのテクニカルを選んでそれらを判断材料としています。

逆行=即損切り ですか?

SQ前など時には損切りも必要な場面もありますが、私は単純に「逆行=即損切り」とは考えていません。今が安値圏なのか高値圏なのか、今この値からプラスマイナス500円程度動くか、動くということは値が戻ってくるという判断につながります。

それは危険ではないか?含み損が増えるばかりでは?

単純にそう考える方は過去の値動きの検証をされていないと思います。
もちろん、ミスがあった場合は早期の損切りということもあります。

大きく離れてただ値が戻るのを待つのではありません。策を講じた上で待ちます。

私は会員の方には徹底的にデータ検証をお勧めしています。何故なら、それが絶対的な自信につながるからです。

日経平均は2万円を目指す。13000円を切る・・・・いろいろなことを言うアナリストの予想に振り回されていてはいつまで経っても勝つことは不可能です。

自信がないから損切りができない、すぐに損切りしてしまう。ということです。

ネット上で信頼度が高そうなところでも今だけを見るのでなく、過去の記事や過去の予想にも目を通してみてください。通年で高勝率を保っているところはまずありません。
有料情報もしかり。月会費5万や10万など高額だからと言って信頼できる、というのはありえません。

有料セミナーでも225の場合、30万円や50万円など多々ありますが、それでも負け越している方が私どもの会員になっている、というのが現実です。

勝つことばかりにこだわる前に過去データの検証で自信を持った上で、逆行に対応した策を持ち、そして有効ないくつかの判断材料で売買を判断し実行する。という繰り返しだけで勝率9割は下ることはありません。

スポンサーサイト

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.08.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。