スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アメリカが上げれば日本も上がる!?

アメリカが上がれば買い。アメリカが下げれば売り。

日経225先物で大きく負け越している方は、これを基本にしている方が多いようです。

アメリカの上下の情報は大変重要です。私もこの情報は基本中の基本情報として日々チェックします。しかし、単純にアメリカが上げたからと言って買い。というのでは勝てません。

アメリカが上げた。だけでなく、「いくら上げたか」「いくら下げたか」が問題です。

数値が重要なのです。

そしてそれをルールにあてはめたり、指数分析に用います。

その上で寄付き買い、寄付き売り、の判断をしています。

数値によっては寄付き両建。という場面も多々あります。

今年1月~7月まで
データによるシグナルで損切り わずか5回。

今年1月~7月まで
テクニカルによるシグナルで損切り わずか3回。

単純なルールだけでもうまく行く場面も確かにあります。
しかし、それは長続きするものではありません。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。