スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

チャック項目は忘れずに!

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆水平ライン、増額ポイントが必勝法の重要なカギです!
◆水平ラインの概要はこちらからどうぞ!

※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!



水平ライン売買手法!
にほんブログ村 日経225先物取引ブログへ
2250207.jpg

①の買いラインでは買いエントリーです。
利確後に②のポイントに再度、値が戻ってきています。

ここで再度買いエントリーするかどうかはチェックが必要です。

どこから来ているか?のチェックです。

②のポイントはミドルラインで抑えられて戻されて来た。ということです。

講習でお伝えしている急落暴落の前兆ポイントの一つに、σ-2、σ-3からの戻りがない、弱い、というのがあります。

2回目の同じ買いラインで、ミドルラインで戻されて来た=売り となります。

これもお伝えしているポイントですが、エントリーする時に常にどこから来たか?のチェックさえ忘れなければ急落を避けることは十分可能です。

「σ-2、σ-3からの戻りがない」強い下落の前兆がある場合は売りを仕掛けながら、買いはσ-5~σ-7からのエントリーをお勧めしています。

昨日の指数表で、本日は反発の可能性の高いことが一目瞭然ですね。
寄りからも窓埋めの動きがなく、強い上昇がわかりやすかったと思います。10MA,ミドルも一気に上抜けています。

二つのラインにより、強い上昇を判断できる時は売りラインを見送る、ずらすことで的確な戻りポイントに当てはまります。

本日も指数表の確認をして、明日の動き次第では増額ポイントにつながる。ということがわかります。各ポイントを忘れずにチェックすることで値動きの流れがつかめます。



お勧め証券会社

カブドットコム証券
※寄り前に「寄り値+20円」などの注文ができるので、寄付きから小幅の利確を狙う場合には欠かせない業者の一つです。

マネックス証券
※私どもも使用しているマーケットウォーカーは見やすく、ラインも引きやすいので超お勧めです。

ひまわり証券
※携帯でも取引できるのでチャンスを逃さず、便利な業者です。

ひまわり証券【証券CFD取引】
※CME、SGXの取引ができるので、日経225先物のヘッジには最適です。
※無料デモで、CME、SGXのチャートでラインが引けます。

松井証券
※手数料の安さで決めるならココ!デイトレ向きです。



お勧めの株式ブログ
株と成功哲学についてイラストで説明します
OH!株ゲーム!-株×成功哲学=勝てる投資家-
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.02.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。