スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

天底を捉える!

日経225先物取引の必勝法は確実に存在します
◆水平ライン、増額ポイントが必勝法の重要なカギです!
◆水平ラインの概要はこちらからどうぞ!

※お気軽にお申し込みください。無料です。
※受講者の方はお申し込みされなくても大丈夫です!



円高に要注意!
にほんブログ村 日経225先物取引ブログへ
2250131.jpg

本日は新基点となりましたが、25日から継続のラインと合致したため、新たに水平ラインを引く必要はありませんでした。この関連性も強く意識してください。

当ブログでご紹介している寄付きから窓埋めに行くか、行かないか!?
これも本日はわかりやすい形となりました。

そして最も注目する点が①です。これも繰り返しお伝えしているポイントですが、10MAとミドルラインを同時に抜けていることです。

強い上昇となる前兆です。更にσ1からの戻りが全くない・・・買い継続がわかりやすかったと思います。下げ止まりと買いサインが同時に出る状態です。
強い上昇の可能性のある場合、売りラインをずらす。という判断が必要です。

水平ラインは安値13140円の買いライン、高値13620円の売りラインを捉えています。

受講時に繰り返しお伝えしている注意点は極限られた内容のみです。

①強い上昇の前兆(可能性)
10MA、ミドルを同時に上抜ける。σ1からの戻りない、弱い。

②強い下落の前兆(可能性)
10MA、ミドルを同時に下抜ける。σ-1からの戻りない、弱い。

エントリーの各ポイント(ライン)で、これらをチェックするだけです。エントリーしようとするポイント(ライン)がどこから来ているのか?ちゃんと上から来ているか?下から来ているか?それとも10MA,ミドルで抑えられて戻されて来ているのか?

戻されて来ているなら、エントリーポイント(ライン)をずらす。ということが最も重要な安全策となります。

資金配分が豊富にある場合は、これらのことを全く考えなくても単にライン毎に追いかけるだけで必ず解決可能です。しかし、当初から資金が豊富にある方は極稀です。安全策を取り入れるのは容易です。前述のチェックをするだけだからです。

寄り成りのサインはデイトレでなく、日々の始値を基準にしているため、寄りからすぐ上がる、下がる、というものではありません。勝率が90%を割らないと言っても目先逆に動く時はあります。寄りから入る場合は、前述の強い、弱くなるわかりやすい動きによって損切り、ということも必要です。(事前にLC設定が基本です)

デイトレ用サインを活かす場合
買いサイン ①、②、③
売りサイン ①、②、③ という各ポイントで値の表示がありますが、資金配分次第で①から仕掛ける、資金配分に余裕がない場合は②から仕掛ける、③から仕掛ける、ということが必要です。

各ポイントで仕掛けた後に、前述のわかりやすい動きがある場合に値幅を狙う。ポイント(ライン)をずらす。ということを加えるだけです。

お勧めの株式ブログ
株と成功哲学についてイラストで説明します
OH!株ゲーム!-株×成功哲学=勝てる投資家-
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2008.01.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する





«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。