スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

売買サインの意味を知る

何故、寄付き買いなのか?何故、寄付き売りなのか?日々のサインの意味を理解されることは重要です。

「信頼している友人の言うとおりにある株を買った直後に暴落した」この手の話はよく聞きます。

他人の話やサインだけで取引して損をして納得がいきますか?

会員の方には売買ポイントの判断の基準はあらかじめお伝えし理解をいただいています。ご自身でも判断ができるようになります。判断の目安が付けば次はそれが本物かどうかを日々検証します。そして確信を持ててから初めて実践に入ります。

初心者の方で一生懸命勉強したにも関わらず実践で成果が出ない方は他人のサインに頼りがちですが、単に勝率が高そうだから、信頼できそうだから、という理由だけで他人のサイン通りに取引する。これほど危険なことはありませんし、大損しても文句の言えない行動です。

他人のサインを参考にすることはいいのですが、ご自身でも売買サインを判断できるようになる。ということが長く相場で実績を出していくためには重要です。

スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

何足を見る?

私はザラバ中は15分足、30分足、60分足をメインに見ます。

これは注文時の売買ポイントを探るだけではなく、注文後の決済を探るためです。

3分、5分足を見て売買ポイントや決済ポイントを判断される方が多いようですが「騙し」も多く一般の方にはお勧めできません。
サインも多く出ますが、すぐに反転してしまう騙しにより損切りが増えるだけです。

すぐに儲けたい短気な方ほど分足を中心に見がちですが、すぐに儲けたければ日足や時間足をじっくり見て、わかりやすいヒゲの出現を見ることが楽に決済でき、そしてより多くの利益を得ることができるということです。

ローソクの見方

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

アメリカが上げれば日本も上がる!?

アメリカが上がれば買い。アメリカが下げれば売り。

日経225先物で大きく負け越している方は、これを基本にしている方が多いようです。

アメリカの上下の情報は大変重要です。私もこの情報は基本中の基本情報として日々チェックします。しかし、単純にアメリカが上げたからと言って買い。というのでは勝てません。

アメリカが上げた。だけでなく、「いくら上げたか」「いくら下げたか」が問題です。

数値が重要なのです。

そしてそれをルールにあてはめたり、指数分析に用います。

その上で寄付き買い、寄付き売り、の判断をしています。

数値によっては寄付き両建。という場面も多々あります。

今年1月~7月まで
データによるシグナルで損切り わずか5回。

今年1月~7月まで
テクニカルによるシグナルで損切り わずか3回。

単純なルールだけでもうまく行く場面も確かにあります。
しかし、それは長続きするものではありません。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

過去のデータの重要性

今現在225先物取引をされている方、これから挑戦しようと思っている方は、昨年から今日現在までの225先物の過去データを検証されたことがありますか?

会員の方にはこの検証をお願いしていますが、このデータから見えることがいくつかあります。

そして驚くべきことは「何も考えなくても勝てる!」ということです。

個別の銘柄ではそういう訳にはいきません。業績悪化、倒産、下落し数年かかっても戻らない場合があるからです。

そしてあるルールに基づいて「売り優勢」「買い優勢」がわかるのです。

気づいた方、知った方は当たり前に儲けています。
その優位性が個人投資家にとっては欠かせないものです。

知らない方はいつまでも相場に振り回され確かなルールを作れないまま撤退・・・となります。

労せず勝ちたいのなら「売買サイン」だけで勝負してください。

ご自身でも判断したい、という方は「売買サインの根拠」や「負ける訳がない手法」のいくつかをセミナーでお伝えします。

2006.07.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

特定商法による明記

特定商取引法による表示
担当者  鈴木憲司
住 所  愛知県名古屋市西区市場木町 4-1-4
電 話 052-938-6557
e-mail info@reduce-fx.com
お問い合わせなどはメールでお願いします。

テーマ:日経225先物・日経225mini売買報告 - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.20 | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

会社員の方でも十分できます!

朝9時前の寄成り注文~指値決済。
昼3時の大引け前成行き注文~指値決済。

携帯で取引できる会社を選べば十分取引可能です。

ザラバで値動きを見ながらの決済はできませんが、プラス30円くらいの指値で決済することで1日60円以上取ることは可能です。

逆指値で損切りの場面もあるでしょうが、会員の皆さんは1枚当たり月間80万円くらいの利益は得ています。

小資金でmini1枚から始める場合でも楽に月8万円くらいのお小遣い稼ぎはできるはずです。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

大引け前サインで稼ぐ!

午後3時10分の大引け前の値をエリオット波動による分析表に入力することで明日の動きを予測し、午後3時に注文します。もちろん見送りもあります。

翌日の寄付き時に100円~400円のプラスになっています。
通常の寄付き注文とは違い、寝ている間に稼ぐ手段です。

例えば大引け前に買建てします。
CMEの終値によるテクニカルなどで「継続」の判断であれば、翌日の寄付きでマイナスで始まったとしてもその日の上昇を待ちます。

見送りは月に3~5回くらいです。

今年1月から今日まで大引け前の玉をマイナスで損切りしたのはわずか5回だけです。

終値から翌日の寄付きのエネルギーが売り、買い、どちらが強いかを判断し、寄付き前に寄成り注文を入れます。
これと同じ考えで大引け前に翌日のエネルギーを判断するのです。

同じ考えで2度のチャンスが同時に訪れるわけです。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

勝てる理由

負ける理由があるのと同様に勝てる理由も必ずあります。

私は最初から勝てていた訳ではありません。相場での勉強代はけっこう払ったものです。勝つことばかりを考えていた頃は勝つ方法ばかりに気をとられその結果、逆行すれば狼狽売りの繰り返しでした。

勝つための方法を考えることはやめて「負けないための方法」を考えるようになってからいろいろな事に気づくことができました。

歴史は繰り返される、という言葉は相場にもあてはまるということがわかった時は過去のデータを徹底的に検証しました。

そして、買いのエネルギーが強い時、売りのエネルギーが強い時、これらが最も顕著に現れるのが「寄付き時」です。
どうなった時にそれが出やすいか、その判断材料となる情報の選定。

これらが結びついた時は日々、検証を重ねました。
検証しながらオリジナルのルールを作りました。

そのルールの中で重要視している点は「いかに多く儲けるか」ではなく「いかに勝ち続けるか」に重点を置きました。

よく2勝8敗でもプラスの利益であれば良い。と言われますが、それは個人的に完全否定しました。何故ならもし8連敗したら資金ショートは間違いないからです。3連敗でも終わるでしょう。

私は勝率10割を目指しながらその結果勝率9割までは持って行けることができるようになりました。9勝1敗です。月間にすると20日間の内、約40取引とすると36勝4敗ということになります。

①どうすればリスクを軽減できるか
②確実性の高い利食いを優先する。(200円より30円狙い)
③買い場より売り場を探る。
④常に2つのシナリオを作る。
⑤プラスマイナスゼロで逃げることを常に考える。
⑥寄付き、大引け前以外の取引はしない。
⑦常にスイングとして考える。
⑧曖昧なサイン時は迷わず見送る。
⑨デモ取引(練習)を常にする。
⑩決めた利益額を守る。(必要以上に儲けない)

人間とは弱いもので、特に欲に溺れるということが相場では顕著に現れます。目標1000万円が実現できれば、次は5000万、1億・・・とキリがありません。

私は現状の生活プラスアルファ程度が一番心地良いと思っているので、
日々、鬼の形相でパソコンに向かっているデイトレーダーとは違い、自身の予想と結果を楽しみながら、日々のトレードに望んでいます。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

寄り成り注文~ザラバ決済

よく有料シグナルで「寄付き注文~大引け決済」のサインがありますが、これは大変ハイリスクです。

余剰金によほど余裕がない限り、1日300円、400円動く中で1日のマイナスが300円が2日連続したらどうなりますか?

追証ですね。

ハイリターンだけを期待すると大きな落とし穴があります。

ハイリターンを狙う前にハイリスクをローリスクにする「ルール」を実践しなければなりません。それが最も重要です。

その一つが決済はザラバでする。ということです。

200円を狙うために500円損していては話になりません。30円、50円を狙いながら時には200円を手にする。という考え方にしなければ追証の連続でいつか破綻します。

リスクを極力減らすルールにした上でハイリターンを狙うのが賢明ではないでしょうか。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

月間利益

投資資金にもよりますが、miniの場合、30万円の資金で3枚建てることができます。

1日のサインは3つですが中には見送りサインもあります。
スイングサインの利益も含めると平均1日当り100円くらいになっています。
miniで3枚建てるとすると300円、3万円の利益となります。
通常の225先物ですと300円で30万円の利益となります。

10枚建てを分割しているので1回の取引に3枚~5枚を建てます。

最初から10枚建てをしていたのではありません。
1枚建から増やしていき、現在は10枚に抑えながら日々、取引を繰り返しています。

それもminiへ移行している部分もあるのでminiで50枚建てを分割して運用しています。ナンピンもしやすくminiの登場で更に利益が取りやすいです。

20枚、30枚~の取引も可能ですが、利益としてはこれで十分だからです。

株で億単位を稼ぐトレーダーがよく注目されますが、そのほとんどが利益を複利で回すことで取引額を増やしています。

それと同じように取引額を雪だるま式に増やせるのが日経225先物取引です。

mini で3枚建ての場合、1日の利益は300円 → 3万円。
2ヶ月目には9枚建てとなります。3ヶ月目には27枚建てとなり、1日の利益は2700円 → 27万円となります。月間利益は約500万円となります。※手数料は入っていません。

これが通常の日経225先物だとすれば・・・掛ける10倍となります。

「そんなうまく行くわけがない」という方は「勝てるルールがない」からです。勝てるルールに気づいていないからです。

miniであれば1枚10万円で取引できます。資金のない方にももの凄いチャンスだと言えます。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

売買サインの判断のルール

知り合いの方にある有料情報の資料を見せてもらったことがあります。

3分足を見ながら移動平均線、RCI、MACDの3つのテクニカルを見ながらその内の2つが一致すれば出動・・・というような内容でした。かなり氾濫しているようで売れているようです。

これを見て実践した方は大損しているのではないでしょうか。

騙しの多い3分、5分足で5勝2敗であっても2敗の損切りで結局損をしていると想像します。

私の売買基準は、
①前日の日足(ローソク)
②アメリカの動向
③寄り付き前外資系証券経由での注文の動向

まずはこれらをチェックします。そしてテクニカル分析です。

テクニカルは主にエリオット波動で仮定の数値を入れながら今日の予測、明日の予測に役立てます。

予測で大切なことは必ず2つのシナリオを持つことです。1つだけの予測でそれがはずれた時に狼狽・・・ということは避けたいですね。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

決済時のルール

225先物は1日で200円、300円動くのがざらです。

思惑通りに動けば1日20万、30万円の利益です。

しかし、私は1日50円(1枚当り)でよし!としています。

20円でも30円でもいいのです。プラスで勝ち続けることが大事です。勝ち続けることができると複数建でも不安がありません。

1枚でも10枚でも50円の利益を取るためにすることは同じだからです。

1日200円狙うことよりも、私は楽に確実に30円、50円を取る方を迷わず続けています。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

損切りのルール

早めの損切りの決断が最も重要です!

この言葉は耳にタコができるほど聞いたことと思います。

日経225先物は値動きの早さからデイトレにもってこいの商品です。

ザラバでテクニカルを駆使して利食い、損切りを繰り返すトレーダーが多いようです。

一般には50円~80円くらいの損切りが多いのではないでしょうか。

ザラバで5連敗したら大損ですね。その後は弱気の取引で更にマイナスが膨らむ方が多いのが現実です。

頻繁に取引するデイトレが好きな方はいいのですが、実利優先で儲けることが目的の方は取引回数の多いデイトレはするべきではありません。

そんなことをしなくても普通に1日50円~100円は取れるのですから。

私は実は損切りはほとんどしません。何故なら当日決済が多いのですが気持ち的には常にスイングとしているからです。そして、値が離れることがあってもとにかく離れるのを待ちます。500円、600円離れたこともあります。

それでも損切りをしません。余剰金が多いから?いいえ違います。

危ないと感じた時には「両建」をしているからです。

両建で含み損を止め、テクニカルで反転を待ち両建解除、ナンピン。という順序で損切りをしません。ナンピンしなくても両建解除後、小さな反発だけで逃げることも可能です。

これはあらゆる書籍、セミナーなどに反する手法です。
相場は下げた後は大きく反発する。それは違います。

相場は下げた後はさらに下げる。そう思った方が間違いがありません。
その上で私は両建、ナンピンで乗り切っています。

それができる理由はただ一つ。

建玉に自信があるからです。ポジション取りに間違いがなければ少し遠回りをすることがあっても必ず戻ってくるからです。

それができるのは過去データの徹底的な検証をしているからだと思います。

相場の基礎知識などを学ぶために書籍や証券会社のセミナーなどは有効かもしれませんが、その内容は勝つためのものではありません。負けている方が多いのがそれを実証しています。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

日経225先物の優位性

①日経平均と連動しているため情報が多い。
②CMEと連動しているため寄付きが読みやすい。
③値動きが早いため勝負が早い。
④レバレッジが高いため利益が大きい。
⑤上下どちらにも動きやすい。

などが挙げられます。

私は月間を通して寄付き勝負で負け越したことがありません。

勝率は70%、80%というレベルではありません。

限りなく100%に近い勝率です。


日経225先物はもの凄く儲かります!

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

オリジナルルールを作る

自分自身のオリジナルルールがない方が非常に多いようです。また負けている方のほとんどがルールを持っていません。

ルールには3つあります。

①売買サインの判断時のルール。

②決済時のルール。

③損切り時のルール。

これらが明確にありますか?

誰もが①の売買サインを重視するようですが、①よりも②、③が重要です。何故なら①の売買サインは極めて簡単だからです。

いろいろな有料情報やセミナーがあるようですが、他人のルールはあくまでもその人だけのルールです。他人のルールを参考にする場合は必ずご自身のルールとして変更追加しなければなりません。

ルールを作ることは勝ち続けるためには必ず必要です。

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング

投資超初心者の方へ

空前の投資ブームですが、勝っている、儲かっている方はほんの一部ということはご存知でしょうか?
勝ち組、負け組みがはっきり分かれるのが相場の世界です。
はっきり言って日経225先物はもの凄く儲かります。なぜ、これをせずに個別の銘柄選びに四苦八苦しているのかわかりません。
日経225先物は1枚当たり100万円の資金、日経225先物miniは1枚当たり10万円ほどの資金で始めることが可能です。
miniの登場で更にチャンスの場が広がった感じですね。

ハイリスクハイリターンと言われる日経225先物ですが、何がハイリスクなのか全くわかりません。負けている方に聞くと「ザラバでのヒゲ、移動平均線などテクニカル分析で売買ポイントを判断している」という声が圧倒的に多いことを知り、負けている方が多いことに納得しました。

ザラバメインで勝てたら誰でも大金持ちですね。しかも、ザラバでの判断は超ハイリスクです。なぜ、そんな負ける率の高いことをするのでしょうか?

今から投資を始めてされるほとんどの方は「今」しか見ていません。
日経平均が大きく下落した今が買い時だと・・・・。

相場はそんなに甘くはありません。下落の後は更に下げるのが相場です。今だけを見るのではなく過去を見てから今を見ることをしなければ「勝ち続けるためのルール」は永久に自分の物とすることはできないでしょう。

勝ちたい方、儲けたい方はこのブログを隅々までお読みください。




テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

2006.07.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日経225先物  デイトレ、スイング






«  | ホーム |  »

FC2Ad


結納用品9品目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。